そして、やっとWordPressインストールへ

LINEで送る
Pocket

肝心のWordPressインストールまでなかなかたどりつけません
自分でやってみてブログを書くのって結構大変なんだと実感しました。

さあ、ここからやっとWordPressのインストールに入ります。
このブログが立ち上がっているということはすでにWordPressはインストールできているわけで、若干うろ覚えながらできる限り書いてみます。

1)WordPress日本語版ダウンロード

まず、日本語版WordPress最新版をダウンロードします。(2013/8/13現在は3.6)
手元のPCにダウンロードして転送してもよいのですが、ここではwgetとunzipを使用することにします。

  # yum -y install unzip wget
    # wget http://ja.wordpress.org/wordpress-3.6-ja.zip
    # unzip -d /var/www/html/ wordpress-3.6-ja.zip

2)ファイルオーナーの変更

次にWordPressのオーナーを(apacheグループの)apacheユーザーに変更します。
これをやらないと後でプラグインのインストールとかWordPressのバージョンアップのときに怒られます。

    # chown -R apache.apache /var/www/html/wordpress

3)wordpress用MySQLデータベース作成

MySQLにWordPress用のデータベースを作成します。

    # mysql -uroot -p
    Enter password: ←MySQL管理者パスワード
    ・・・省略・・・
    mysql> CREATE DATABASE wordpress CHARACTER SET utf8;←wordpressというデータベースを文字コードutf8で作成
    mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON wordpress.* TO gaji@localhosts IDENTIFIED BY 'パスワード'
    mysql> FLUSH PRIVILEGES←権限情報の再読み込み
    mysql> quit 

4)WordPress初期設定

やっとブラウザ登場
PCから「http://サーバーのアドレス/wordpress>にアクセス。

wp-config.phpファイルが存在しないようです
・・・

とか表示されますが、まだ設定していないため当たり前なので気にしません。
「設定ファイルを作成する」をクリック
「次に進みましょう」をクリック

初期設定項目入力画面になるので以下の様に記入します。

項目 入力内容
データベース名 wordpress
ユーザー名 gaji
パスワード mysqlで打ち込んだパスワード
データベースのホスト名 localhost
テーブル接頭辞 wp_

「作成する」をクリック
「インストール実行」をクリック

5)ブログタイトルとパスワードの設定

項目 概要
サイトのタイトル がじ ノート
ユーザー名 admin
パスワード 任意のパスワードを2回入力
メールアドレス 通知を受けたいメールアドレス
プライバシー 通常はチェックで問題ない

・・・wordpressのユーザー名ってadmin決め打ちなのね。これはまずい、後で対策しましょう。
ちなみに私はここで記入したパスワードが間違っていて自分のブログに入れなくなり、最初からやり直す羽目になりました。orz。
MySqlのテーブルも一回削除して再作成したよ。あほだ、とほほ。
最後に設定ファイルのオーナーとアクセス権を設定

    # chown apache.apache /var/www/html/wordpress/wp-config.php
    # chmod 600 /var/www/html/wordpress/wp-config.php

ここまでで、一応WordPressでブログをかける様になりました。
次回はWordPressのセキュリティ向上を実施する予定。

LINEで送る
Pocket