設定メモ書き忘れ事項の補足

LINEで送る
Pocket

いくつか書き忘れていたことを自分用に一応メモを残します。

■WordPressインストール時にファイルオーナーの変更の意味

WordPressインストール時にファイルオーナーの変更

# chown -R apache.apache /var/www/html/wordpress

をしたと思うのですが、

これはapacheの設定ファイル/etc/httpd/conf/httpd.conf
の中で

User apache
Group apache

と指定されていて、WordPressはPHPでサイト内のコンテンツを動的に生成しているので
少なくともプラグインやテーマが保存される「/var/www/html/wordpress/wp-content/以下」はapache:apacheのユーザー所有ファイルじゃないとまずいんだと思うのですよ。

今回手動でwordpressをインストールしているのでデフォルトのファイル所有者はrootになっているわけで、ファール所有者をapache:apacheにしておかないとプラグインを入れたり、wordpressをバージョンアップするときにアクセス権がないとか、正しいユーザー名とパスワードを入れろとか怒られるわけですよ。
だからこれはやっておいたほうがいいんだと思うのです。
(実はVirtualBoxで試した時に一回やらかしています。スクリーンキャプチャ撮るの忘れたけど)
ところでユーザー所有者の変更じのユーザーとグループを変更するときの記票は「apache.apache」と「apache:apache」どっちがBeterなのかしらん?

※2013/8/22追記
どうやら「apache:apache」が正解のようです。

■DenyHostsインストールの後処理

DenyHostsをインストールした後でやっとかなきゃいけなかった作業を書き忘れてたので
それも書きます。

# cd /etc/init.d
# ln -s /usr/share/denyhosts/daemon-control denyhosts
# chkconfig –add denyhosts

で再起動。これをやっとかないとdenyhostsのサービスが起動しないので意味ないという・・・書き忘れにもほどがありますね。
ま、README.txtに書いてあるそのままなんですけどね。

ほかにも書き忘れてるだろうなあ、どうしよう。

■おまけ:Topページの設定ファイルを配置

このブログのTopページはhttp://seigaji.info/wordpressですが、http://seigaji.info/でたどってきた人がブログページにたどり着けないので簡単な転送用のindex.htmlを/var/www/html/配下に置いておきます。

<html>
<head>
<title>
がじノート</title>
<meta http-equiv="REFRESH" content="5;url=http://seigaji.info/wordpress">
</head>
<body>

五秒後に自動遷移します。遷移しない場合は<a href=”http://seigaji.info/wordpress/”>こちら</a>をクリックしてください。

</body>
</html>

LINEで送る
Pocket