BackWPupプラグインでDropBoxにWordPressのデータをバックアップ

LINEで送る
Pocket

デフォルト設定のままで10件のエントリーの全文が表示されていて見苦しかったのでちまちま見栄えを変更するだけで大したことをしていなかったのですが、改めて

このブログ、実は今までバックアップを取っていませんでした。(わ、言っちゃった)

地道に手作業でバックアップを取ってもいいのですが、楽したいなぁと思って探していたところ、WordPressのDBやプラグインファイルをDropboxにバックアップしてくれる便利なプラグイン、BackWPupというのを見つけました。

WordPressの管理画面から「backwpup」と入力して

120831Backup01

最初に表示されるプラグインをインストールします。

  注意:このプラグインは現在使用している WordPress のバージョンではテストされていません。

とか出るけど気にせず作業しちゃいます。<-ホントはいけない。

同様に管理画面からBackWPup->Add New Jobを選択して新しいジョブを作成します。
120831Backup02

ジョブ名、実行タスク、圧縮形式などが選べます。
さらにバックアップ先としては

    ・任意のフォルダ
    ・電子メール
    ・FTP
    ・Dropbox
    ・Amazon S3サービス
    ・MicrosoftAzure
    ・Rackspace Cloud
    ・SugerSync

が選べます。
ここではDropboxを選択してみました。
手順をキャプチャするのを忘れちゃいましたが、BackWPupをDropboxに認証させると

120831Backup03

Filedeletionというのはバックアップファイルをいくつまで残すかですね。
デフォルトの数字15は結構大きいので注意が必要です。

Scheduleの管理タグからバックアップスケジュールも指定できます。
頻度はお好きに設定してください。私の場合は週1回程度。

試しに実行してみたところ、時間にして70秒程度で9MbyteほどのバックアップファイルがDropboxに作成されました。

LINEで送る
Pocket