iDisplayでiPadをサブモニタにしてみた

LINEで送る
Pocket

がじです。
いまさらですが、最近いろいろなところで紹介されているiDisplayというものを導入してiPadをPCのサブモニタとして使ってみました。

iDisplayhttp://getidisplay.com/jp/

サイトにアクセスして
140217_02

下にスクロールすると、デスクトップ版とモバイルデバイス版のインストール選択画面になるので、まずはデスクトップ版をインストール。

140217_03

デスクトップインストールが終わったら、次はモバイル版をインストール。今回はIOS版をインストールしてみました。

AppStoreを選択すると、

140217_04

iDisplay(主にiPad用/iPhoneも可)とiDisplay mini(iPhone/ipad用)の選択画面になるので、ここではiDisplay(iPad用)を選択。

140217_01

金$4.99です、若干お高め。AppStoreのギフトカードをポイントアップキャンペーンで入手しておいてよかったと思う瞬間です。

インストールが終わったら、iPadメニューからiDisplayを起動します。

140217_06

起動すると下記のような画面が立ち上がります。デスクトップ版のアプリを起動しており、PCとiPadが同じLANにつながっていれば、PCが自動検出されて画面上で選択できるようになります。

140217_08

混乱しそうなのですが、上部の1xと2xはそれぞれ
1x:RatinaDisplayをそのままの解像度で使用。(2048×1536)
2x:RatinaDisplayを半分の解像度で使用(1024×768)
です。2xを選んでおいたほうが良いです。1xを選んだほうが画面が広く使えますが、目が死にます。

PCからの出力させてみた画面がこちら

140217_07

画質は落ちるのと、画面更新が乱れるので、ブラウザは厳しいですが、エディタやターミナルは使えそうです。

—以下広告

LINEで送る
Pocket