Ubuntu14.04LTSをLXDEで軽量化

LINEで送る
Pocket

がじです。
今回はUbuntu14.04LTSを軽量化します。どんだけubuntu好きなんだよ>オレ
前回インストールしたマシンはMobile向けとはいえCorei5だったのでそれほど問題なくUbuntuが動いていたのですが、余っているeeepc-901G16で動かすには重くてやりきれない状態です。

そのため低スペックのPCでもそこそこ使えるように軽量デスクトップのLXDEをインストールしてみました。

最初からLubuntuを使えばいいんじゃないか?というご指摘もあるでしょうが、Lubuntuだと結構盛りだくさんのパッケージが付いてきちゃうのと、自分でやることに意義があるのでやってみました。

$ sudo apt-get install lxde feh

lxdeが軽量デスクトップ環境。fehは画像表示ツールで背景イメージの変更もできます。今回はfehはただ入れただけで何もできていません。

この状態で一度再起動するとログイン画面でLXDEとOpenboxが選択できるようになります。
Ubuntu1404
LXDEでログインした画面がこちら。
Ubuntu1404_02
まだUnityとかいろいろなパッケージは残ったままなので500MB以上と結構メモリを食っています。

ログイン画面が素のUbuntuのままなのでここも変えます。具体的にはgdmをインストールしてlightdmを削除します。

$ sudo apt-get install gdm
$ sudo apt-get remove lightdm

Ubuntu14040

余計なパッケージの削除に関してはShellで全部操作できるはずなのですが、弱気な私はGUIのsynapticの力を借りることにしました。

$ sudo apt-get install synaptic

synapticを起動してunity/libreofficeで検索していらないと思われるパッケージをザクザク削ります。あまり削りすぎると必要なパッケージまで消してしまうので、注意します。(2回ぐらいやり直しました)

Ubuntu1404_04

Internet環境もfirefox/Thunderbirdは重いので削除してmidoriとsylpheedを入れておきます。

sudo apt-get install midori
sudo apt-get install sylpheed

これで再起動すると。
Ubuntu1404_03
残念、思ったより減りませんでしたが、それでもメモリ使用量は390MByte弱に減っています。
さて、この設定でeeePC-901G16はまともに動くのか?
実機でのお試しはこれからだったりします。
・・・すみません

—以下広告—

LINEで送る
Pocket