オーディオ熱が止まらない、雷切改mmcxリケーブルを購入

LINEで送る
Pocket

まだまだ終わらんよ。

どうも、がじです。
前回何故かOKCSC BTハイブリッドイヤホンを購入してしまったわけですが、実はまだあれで終わりではなかったのです。

前回購入したOKCSC DD4BTイヤフォンですが、イヤフォン部とケーブルの接続がmmcx端子でした。つまりmmcx端子の別のケーブルと交換可能なわけです。

そして、肝心のイヤフォン部の駆動形式がダイナミック型とバランスドアマチュア型のハイブリッド駆動です。手持ちのハイレゾプレーヤーがCayin N5は2.5mm4極のBA駆動ヘッドフォン端子を備えているわけです。

ということはmmcx端子で2.5mm4極のケーブルを用意すれば、CayinN5でBA駆動イヤフォンが体験できるのでは、という期待からNobnagaLabの雷切 改(Raikiri-kai)2.5mm4極バランス対応リケーブルを購入してしまいました。

—スポンサードリンク

—スポンサードリンク

イヤホン本体の倍以上の値段のケーブルを購入する時点で何か間違っている気がしますが、いいのです。そういうブログですから。

開封の儀などはしない主義ですが、専門店でないとパッケージを見かけるケースが少ないと思いますので開封後のパッケージを掲載しておきます。

パッケージの左に置いたビニール袋の中に入っているのはケーブルと本体の接続微調整用の絶縁体です。なお、私の環境では必要ありませんでした。

そして2.5mm4極端子部

非常に綺麗で高級そうな端子です。(<<いや高級ケーブルだから)

早速OKCSC DD4のイヤホン部と接続してみました。

写真だと少し見づらいかもしれませんが、右側の端子に赤いラインが入っており、左にはライン無しで左右の区別がつくようになっています。

この組み合わせでCayinN5と接続してみたところ、当たり前ですがBT接続とは比べられないほど音の情報が増え、迫力あるサウンドになりました。

イヤホンが安物なのでどうなんだという心配がありましたが、打楽器系の迫力が増し、左右の鳴り分けが明快となってなかなかの音を聞かせてくれます。

なお、雷切 改はOFC8芯でかなり剛性が高いケーブルなため、しっかりしていて高級感がある反面、その剛性の高さゆえ、装着中にケーブルに接触(物理)すると、その振動がケーブルを伝わってイヤフォン部まで到達し、ショックノイズ(物理)が盛大に発生するので、これをつけて歩きまわるのはやめたほうがいいかもしれません。

私はBT接続とBAリケーブルの両方を試したかったのでOKCSC DD4を買って雷切改と組み合わせて使いましたが、実はOKCSC DD4のイヤフォン部だけ単体でDD3という名前で単体発売しております。なおついでにいうとDD3の3.5mmハイレゾケーブル付きのものもあります。


アマゾンのレビューとか見るとなかなか厳しいこと書いてありますが、イヤホン駆動部だけなら3000円切ってる商品ですからね、これ。

値段とスペックから見るとかなり頑張っている方だと思います。

BA接続試してみたいけど、いきなり数万円の高いイヤホン買うのは怖いという私のような人にとっては、試しに体験してみるには十分ではないでしょうか?

ただ困るのはこんな安いイヤフォンでこれだけの音が出るということは高級イヤフォンならどうなるという物欲を更に刺激するところですが・・・

—A8.net アマゾン オーディオ売上ランキング—

LINEで送る
Pocket